水溶性の食物繊維

水溶性の食物繊維には

体内での水溶性食物繊維の働き

食物繊維は、大腸がんを始め、生活習慣病の予防に有効であり注目されている栄養素の一つです。食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類があります。水溶性食物繊維は、果実や樹皮、こんにゃく、海藻などに含まれている粘性の物質です。水溶性食物繊維は、ブドウ糖の吸収速度を遅くして、血糖値の急上昇を抑えることができるので糖尿病の予防に効果があります。更に、コレステロールの吸収を抑制して、動脈硬化の予防やナトリウムを排出する作用があるので血圧を下げることが期待されています。

↑PAGE TOP