献血の健康デメリット

献血の健康に与えるデメリット

健康な体での献血のデメリット

健康な体は日々の積み重ねで成り立つ部分も多く、体内の状態も大きく関わってきます。それは血液に関しても該当するといえます。身体状態は個人で大きく異なる為、同じ体格・体重でも構成は異なります。そのため周囲が平気だからと同じことをして身体に負担を掛けてしまうケースも多いです。その一つに献血があげられます。身体活動に必要な血液量は個人で異なり、元々少ないという人もいます。その状態で血液を抜かれてしまうと貧血になり、健康を損なってしまいかねません。それ自体は他人の為になる大切なことですが、自分へのデメリットも考えて選択することが大切です。

献血に協力してみませんか?

健康な血液を提供する献血に、協力してみませんか?手術や治療に必要な輸血療法には、血液が必要です。しかし、生きた細胞から成る血液は、まだ人工的に生産することが不可能で、人の体内でしか造ることができないため、私達の協力が不可欠です。少子高齢化で協力できる人が減っていることと、輸血用血液は長い間保存することができないこと、また、血を提供したいと希望していても、一定の体重以下の方や特定の病気にかかったことがある方など、血を提供することができない方もいらっしゃるため、輸血に必要な血液は、不足しがちです。健康な方は、人助けにもなる社会的に意義のある献血に、ぜひ協力してみましょう。

↑PAGE TOP